精神が疲れた時、ちょこっと涙したいときの推薦画像「マイ・インターン」

いま道楽でよくビデオや外国ドラマを観ます。
ひまが残るときに、意思が役に立つときになど理由はさまざまですが、単なるときにビデオ館に行ったり、動画を借りてきたり、ときどき自分で購入したりして観ています。

そこでいま観たビデオをご疑問。
マイ・インターンというビデオだ。オープンは2015クラス秋。
主演はロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ。「ロバート・デ・ニーロが銃を持たずに常にいい人ですぞ!」ですなんてまさか話題になったビデオでもあります。

あらすじとしては辞職をし、どっか第2の天命に物足りなさを感じていたベン(ロバート・デ・ニーロ)がある日お爺さんインターンの募集を見て、ジュールズ(アン・ハサウェイ)の経営する着物会社ではたらくというタイプ。
ジュールズが経営するのはウェブアパレル店。例えるならZOZO TOWNみたいなものです。特定の店頭を持たずに服を販売する会社で急成長する勢いのある若い会社で、働き手のレベル層も若々しい。そんな中、ベンが会社で与えられた職種は社長ですジュールズのケア。しかしジュールズはお婆さんが苦手であるからという理由で恋人に職種を加えることもなく、できるだけ自分から遠ざけようと行う。そのため、ベンは店にいてもただ置物のようにデスクの前に陣取るだけの年中が続きますが「これではいけない」と自分から働くようになります。
元々電話帳を作り上げる店の課長であったこともあるベンは自分の思い出を生かし、周りの働き手が耐える時を手つだいたり、ガイドラインを加えたりして、近くからゆっくり頼られるようになります。

こういうビデオを観た際、凄く「おやベンのようなヒューマンが私の横にいてくれたら!」と甚だしく感じました。的確にガイドラインをしてくれて、かつ正に導いていただける付きは結構私のそばにいてほしいな、なんて見まがう。ひょっとしたらベンはとっても優しい人なので困らせてしまうかもしれないけれど。

そもそもジュールズは要するにばりばりの経歴。社長であるということもあって毎日が職種。一家は男子が生業主夫をしてくれていて協力的な見解をしてくれているけれど、職種はなんでもみなさんでしなければ、という想いからなんだか周囲を頼れず、店が急成長しすぎているということもあって自分の許容高を超えてもデイリー職種をやりこなすという年中。あんな家内のもとにあてがわれたベンに、家内はだんだんと地雷を開いて恋人に危険などを相談するような気の置けないつながりになっていきます。

ひとえに恋人の持ち味が立派だからというのはあるけれど、それだけでなく、自分の想いに寄り添って真摯に受け止めて返していただけるというのが人情を取り回すのだな、なんて思いました。ただの優しい言葉だけではなく時折難しい単語もいって受け取る、そういった付きが自分の天命に現れたら再度天命が耀き出すのだろうなと、そんなことを思いました。

仮によかったら、観てください。
ちょっと地雷が疲れたときに見極めるとぴったりなビデオだ。脱毛ラボ メニュー もみあげ

一番大事なのはとにかく気勢なのかもしれない

ここ数カ月、とあるチャンネルでラーメン屋氏の作りたて職場を割り付けるやつを選ぶオーディションが行われていました。最初はほんとに多くの志願者がいて、次第にふるいにかけられるというカラクリだ。こういうラーメン職場をきっかけに貧苦から脱出望む、と激しく想う別成り立ちを有する方たちが一生懸命で何とも面白かっただ。
後れをしたり、基本的な事ができない方は楽に放棄をしていって、やがて候補人が絞られてきました。そうなるとラーメン構成が思い切りうまくて、正に成功しそうなほどのクォリティになった皆さんは「独立してやった方がいい」という理由で放棄となったりもしました。これは甚だ栄光ですし、間もなくオープン始めるうえでもTVCMになりましたし前向きな放棄といった趣きでした。
最終的に選ばれた皆さんはラーメン構成の力はたまたま、パッションだけのような皆さんでした。どの世界でも、最終的には熱意や情熱を保ち積み重ねることが大事なのかなあ、と考えてしまいました。女ひげ処理