今朝飯と昨日のゆう飯のコース

今朝ディナーは、高級そうなちっちゃなちくわふたつにマヨネーズをかけた品と、キュウリのポイントのせと、頂きものの解凍したメンタイコと、でした。高級そうなちっちゃなちくわふたつにマヨネーズをかけたものは練り物が苦手なわたしでも上手く食べられるフレーバーになっています。キュウリのポイントのせは以前には、早朝の食膳に毎日のように並んでいた品でした。いつからか、ふと見なくなりました。久しぶりに見たので美味しく食べられました。いただきものの解凍したメンタイコは今日、毎日の早朝の食膳で見ます。それでも、これに関しては、不思議な物事に、相当あきがきません。3切れお皿に並べてありました。おかげでディナーを2杯半分おかわりしちゃいました。おいしかっただ。
 そして、昨日のごちそうは、ホウレンソウのおひたしのカツオブシかけた品と、カボチャの煮付けと、ブリの光沢焼きとでした。ホウレンソウのおひたしのカツオブシをかけたものは普通は醤油をかけて食するのですが、今回は醤油をかけずにカツオブシはかけているものの、お話自体のフレーバーを売りました。カボチャの煮付けは冬至の縁起物として食べました。ブリの光沢焼きは白いディナーと目茶目茶マッチしていました。ディナーを2杯もおかわりしました。そのうちの1杯歯パリパリの流れをまいて、おにぎりみたいにして食べました。ブリの光沢焼きの甘さと香ばしさが口一杯に広がっておいしかっただ。ブリの光沢焼きを食べ終えた後のお皿には、ブリの光沢焼きをした場合出る甘辛のたれが残っていました。そのタレを流れに付けて、とっくに、半分杯おかわりしたディナーを巻いて食べました。おいしかっただ。ミュゼ うなじ脱毛

「仮に万が一」という不測の事態に備えておく

 N・Hははなはだ上手い両者だと心持ち呟きながら口を開いた。
「でも、あの両者はこれでも大いに頑張ってるお客です。過去にはN様の行き過ぎたスパルタ仕込に我慢できなくなって、途中で怒って帰ってしまった門下生もいたんです。今毎日、あそこまでの労役をやり遂げただけでもあなた我慢強いとおもうよ」
 血気盛んな両者が、何かのビートに無感覚を切らしておかしな刃向かい方をしなければ良いのだが。何より自身とM・TはN・Tが理性を失ったときの手法に負えなさは充分に窺い知っていたので、さらにそれが気掛かりだった。
「指導するのって個人個人で匙加減が耐え難いんだよね。その辺を分かってないN様も腹黒いんだけどさ。A・I様もM・T君も、万が一あの両者が切れたら、フィニッシュに混じるの手伝ってね」
ギャグ交じりに言ってはいるものの、ともかくN・HはN・TやS・Kのようないっぱい気の少ないそれぞれとの接し方についてもはや心得ていた。
「特に、品ところに限って、それは無事故でしょ。たいてい、もしそれほどなった場合はA・Iと自身が任務持って終わるんで」
 そうは言うものの、実際どうなるかはまた別のお話のように思えた。ミュゼ 料金

トーク番組と国民の心を紹介するテレビ局を見た

21歳月くらいから放送されていた、バラエティー企画を見ました。今回は、2ターム確定でした。最初は、名門夫人校を卒業したお嬢様な歌手が何人か出ていました。元総理大臣の孫の自分が出ていたりしました。和風史のガイドブックなどに載っていたので、素晴らしいなと思いました。意外な自分も夫人校の里だったので、意外でした。次は、夫人アナの自分が何人か出ていました。人気の夫人アナの自分も出ていましたし、ベテランの夫人アナの自分も出ていました。そして、ミッドナイトから放送していらっしゃるバラエティー企画を見ました。こういう企画は、国民の癇の意見を紹介する企画だ。最初は、両親の七光ってアホにしないでということを紹介していました。次は、焼きそばパンの焼きそばはフレーバーがないという紹介していました。わたくしは、焼きそばパンは食べたことがないので、食べてみたいなと思いました。違う物語で、居酒屋様で絶対に頼んで仕舞う手法についても話していました。あとは、ホラを吹く自分について紹介していました。http://thecw.co/

カフェでの噛み合わないトークと夜のワークショップ

多田は46年。風体はかわいくもひどくも世代相応だったが、普通にしていてくれれば気さくで取っ付き易い人物だし波長は合いそうな模様はやる。
「そう言えば婦人……じゃなかった、女房君は休職中頃と言ってましたよね?」
「はい。でも意外と、じきに世間復帰するでしょうけど」
自分は他人事のように何の道理も無く言ったが、そうでないとこれとて弱る。
「やりたい生業が見つかれば良いんですけどね」
自分は今になって妙な違和感を覚えた。多田とのおしゃべりはまったく噛み合っていない。
おおかた多田は「休職中頃」を「無職」と勘違いしている。
一向に偶然の力のような奇跡的な行き違いだった。
しかし、今更どうしてレクチャーすればいいのか思い付か。どうして足掻いたところで女房は多田にそんな風に見られているのだから。
「ちなみに、女房君の前職業は?」
「新聞紙配達を5世代近隣やってたみたいです」
「5世代!?5世代もですか!そりゃあ強い!」
多田に女房の面会の予行勉強を頼んだ物覚えはなかったのだが、隣人同士の夜のワークショップは延々と続いた。アイフル 5万

精神が疲れた時、ちょこっと涙したいときの推薦画像「マイ・インターン」

いま道楽でよくビデオや外国ドラマを観ます。
ひまが残るときに、意思が役に立つときになど理由はさまざまですが、単なるときにビデオ館に行ったり、動画を借りてきたり、ときどき自分で購入したりして観ています。

そこでいま観たビデオをご疑問。
マイ・インターンというビデオだ。オープンは2015クラス秋。
主演はロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ。「ロバート・デ・ニーロが銃を持たずに常にいい人ですぞ!」ですなんてまさか話題になったビデオでもあります。

あらすじとしては辞職をし、どっか第2の天命に物足りなさを感じていたベン(ロバート・デ・ニーロ)がある日お爺さんインターンの募集を見て、ジュールズ(アン・ハサウェイ)の経営する着物会社ではたらくというタイプ。
ジュールズが経営するのはウェブアパレル店。例えるならZOZO TOWNみたいなものです。特定の店頭を持たずに服を販売する会社で急成長する勢いのある若い会社で、働き手のレベル層も若々しい。そんな中、ベンが会社で与えられた職種は社長ですジュールズのケア。しかしジュールズはお婆さんが苦手であるからという理由で恋人に職種を加えることもなく、できるだけ自分から遠ざけようと行う。そのため、ベンは店にいてもただ置物のようにデスクの前に陣取るだけの年中が続きますが「これではいけない」と自分から働くようになります。
元々電話帳を作り上げる店の課長であったこともあるベンは自分の思い出を生かし、周りの働き手が耐える時を手つだいたり、ガイドラインを加えたりして、近くからゆっくり頼られるようになります。

こういうビデオを観た際、凄く「おやベンのようなヒューマンが私の横にいてくれたら!」と甚だしく感じました。的確にガイドラインをしてくれて、かつ正に導いていただける付きは結構私のそばにいてほしいな、なんて見まがう。ひょっとしたらベンはとっても優しい人なので困らせてしまうかもしれないけれど。

そもそもジュールズは要するにばりばりの経歴。社長であるということもあって毎日が職種。一家は男子が生業主夫をしてくれていて協力的な見解をしてくれているけれど、職種はなんでもみなさんでしなければ、という想いからなんだか周囲を頼れず、店が急成長しすぎているということもあって自分の許容高を超えてもデイリー職種をやりこなすという年中。あんな家内のもとにあてがわれたベンに、家内はだんだんと地雷を開いて恋人に危険などを相談するような気の置けないつながりになっていきます。

ひとえに恋人の持ち味が立派だからというのはあるけれど、それだけでなく、自分の想いに寄り添って真摯に受け止めて返していただけるというのが人情を取り回すのだな、なんて思いました。ただの優しい言葉だけではなく時折難しい単語もいって受け取る、そういった付きが自分の天命に現れたら再度天命が耀き出すのだろうなと、そんなことを思いました。

仮によかったら、観てください。
ちょっと地雷が疲れたときに見極めるとぴったりなビデオだ。脱毛ラボ メニュー もみあげ

一番大事なのはとにかく気勢なのかもしれない

ここ数カ月、とあるチャンネルでラーメン屋氏の作りたて職場を割り付けるやつを選ぶオーディションが行われていました。最初はほんとに多くの志願者がいて、次第にふるいにかけられるというカラクリだ。こういうラーメン職場をきっかけに貧苦から脱出望む、と激しく想う別成り立ちを有する方たちが一生懸命で何とも面白かっただ。
後れをしたり、基本的な事ができない方は楽に放棄をしていって、やがて候補人が絞られてきました。そうなるとラーメン構成が思い切りうまくて、正に成功しそうなほどのクォリティになった皆さんは「独立してやった方がいい」という理由で放棄となったりもしました。これは甚だ栄光ですし、間もなくオープン始めるうえでもTVCMになりましたし前向きな放棄といった趣きでした。
最終的に選ばれた皆さんはラーメン構成の力はたまたま、パッションだけのような皆さんでした。どの世界でも、最終的には熱意や情熱を保ち積み重ねることが大事なのかなあ、と考えてしまいました。女ひげ処理

さよなら、ペーパーの小説ちゃん。ごきげんよう、Kindleちゃん。

本読み歴20年齢。
本読み人の宿命、「保管空間が更に弱い」の波にあらがえず、とうとうKindle Paperwhiteを購入してしまいました。
ペーパーの雑誌じゃなくちゃ読んだ気にならない! というかなと心配していましたが、いよいよ使ってみると誠に便利な事例!
空間もとらないから荷にすっと入れられますし、「保管空間が……」という書店で心中を悩ませながら貰う雑誌を追究しなくてもよくなりました。
ひときわ楽しいのは、一瞬で手に入る事例。
新聞紙ポスターや電車の中吊り広告、周回やるインターネットブログ、本読み友とのプレゼンなどで手に入れた、「面白そうな雑誌」の知らせを得たそのときから、一気に雑誌を購入することができるのが、一番の引力ですなと思います。
ついうっかりメモし忘れて、思い出せずに惜しい意欲をしたり、書店で定員君に「えーっと、安価、『グループから犬がいなかったら』とかそんな感じの呼び名だったような……」などとしどろもどろなことを言うこともなくなりました。
Kindleウハウハ! とうに手放すことができません。ミュゼ 100円 申し込み

オリンピック参加者のみなさんが、心から楽しめますように

オリンピックそのものに反対なわけじゃないけれど、メディアの「メダル、メダル」発言には、もううんざりしている。
いい加減、やめてくれって感じだよ。そりゃね、あれだけの人々が集まってスポーツの祭典をするんだ。素晴らしい記録が出て、メダルがとれりゃ嬉しいだろうよ。
私はさ、出場する人たちや様々な形でかかわっている人たちが、みんながそれぞれに楽しんだらそれでいいと思うんだよね。
今年、難民の人たちがチームを組んで出場している。それがひときわ目をひいた。
彼らは、厳しい毎日の続く非日常の中にあって、ひたすら自分の打ち込んできたもののためにチームを作ってオリンピックに参加している。
私は、特に、これらの人々に、思う存分これまで頑張ってきたものを発揮してほしい、と心から願っている。
全ての参加者が、色々な事情を抱えながらオリンピックに参加している。もう、それだけで、みんな金メダルだよ。
みなさん、思い切りオリンピックを楽しんで、元気に故国に帰ってきてください。
難民の参加者の人々が、早く故国に帰れますように。キレイモ 全身脱毛

疲れているのか年齢のせいなのか分かりませんが・・・

今日、布団から出るのが億劫だ。職から帰って、ご飯食って風呂入って布団にゴロン。ここそれがウィークデーの過ごし方だ。週末祝祭日等はもう一度完全に包まり一心に寝めくります。個々からも「僕もそういうもんだよ」と言っていました。何の励みも薄いデイリー、唯一の味わいと言えば近所の喫茶でタバコを吸ってコーヒーを呑みながら理解様といった民衆話をする案件ぐらいでしょうか。賭けで儲けたコネクションは、釣りに行ったり、ゴルフに行ったりって暮しをお過ごし消息筋。一方こちらは安月収をもらう結果、朝から晩まで結局管はたらく。何か空しいですね。各週ロト7という福引きを買って期待して貧乏籤てまた今度。当たったらとりあえず自家用車を取り替えます。戸建ても買います。希望は膨らみますが大して期待するという貧乏籤たときの感想が著しいので、希望を貰う、クラスだ。暮しの敗者には大神も仏もそっぽを向くんですかね・・・本当に、何事もなく寛げるのが幸せなのか、稼ぎに物言わせ過ごす生活が幸せなのか、どちらが幸せなのかは十人十色なのでしょうが・・・。エピレ スマホ

方無しグータラ専業婦人の、グータラすぎる毎日の報告

旦那が泊まりの来訪でいない日、輩無しグータラ妻は、グングングータラに磨きがかかって、スゴイ毎日を過ごしてしまう。こんなグータラな毎日を紹介します。
午前の6チャンス。一層、起きます。7ら仕事始める旦那のために朝飯とお弁当を作ります。来訪で帰っていない日のお弁当は、器物を捨てれるようにタッパーを使います。
わたわたといっためし組立て、お弁当組立て、合間に旦那を起こしたりって色々慌ただしい1タイミングを越します。7らなり、ようやく旦那仕事。次に帰るのは翌日の夕刻だ。それまで自由気ままなおセルフちゃん身辺だ!さぁて、こういう2日間何をしようかなぁ〜という、自由なおセルフちゃん身辺の意図を考えながら朝飯を優雅に食べます。食べ終わったら洗濯ってクリーニングを通して〜、欲しかった花瓶を買いに○○をめぐって〜、昼めしはあこういうベーカリーに行こうか〜?など望みに胸弾ませます。
そうこうしている間に、急激眠気に襲われてしまう。洗濯の前に、ちょっとソファでブレークタイム時刻が始まります。この時点で、まだまだ朝飯の食器洗いは終わっていません(笑)ソファで座っているだけの本旨が、いつしか爆睡一色に突入だ。気がつけば、早2タイミング、目覚ましを見れば更に近々真昼だ。さすがに苦しい腰をあげ、ここで遂に洗濯タイミングスイッチオン、朝飯の食器洗いが始まります。終わったとこで、さほど胃腸もすいていないのに真昼の知らせテレビ局を見ながら真昼めしだ。あぁあ、昼めしにベーカリー出向くはずだったのになぁ〜と己の愚かな時間の使い方に自省し、ベーカリーに行ったつもりで冷凍食パンをチンして頬張ります。ベーカリーに行かなくとも、冷凍食パンにジャム塗ってコーヒー飲めば運〜♪と、チープな昼めしに絶好調を感じたり行う。
昼めし後は昼過ぎのワイドショーをみながら洗濯物を干します。え!この人、あの人とつきあってるの?!えー?支払い租税高まるの??やめて〜、という無限TVにかけて独り言だ。干し終わるとクリーニング・・・のハズが、またまたソファ時刻の発祥だ。ごろりと脇としてもうおしまい。TV見ていたはずなのに、ひとりでに夢の中央だ。
遂に起きると、とっくに夕暮れ。危ない・・・食べて、寝て、の繰り返しです。少なくともクリーニングを!思い起こしたかのように、バキュームクリーナーでフロアーをクリーニングし、終わるともう一度夕刻だ。これまた比較的胃腸がすいていないけど、特に冷凍しておいたカレーをチンして食べます。あ、おいしー。僕異才ですわ〜!オリジナルカレーを褒めちぎりながら、撮りだめしてあるドラマを順番に見ていきます。
ドラマを大まか見終わった頃にはすでに宜しいタイミングだ。このあたりで、グータラなタイミングを過ごしてしまった虚しさを実感し、毎度自省時刻が始まります。
妻らしき事をしたのは午前の1タイミングという、洗濯、クリーニング。計1タイミング幾分ぐらい。
はぁ、午前のワクワクな意図はなんだったんだろう。出先にも1歩も出ていないし、食べて寝てばかり。
旦那が来訪の日、グータラ妻は毎度、己のグータラさに嫌悪がさします。ただし、グータラ癖は治らないのです。ミュゼ100円 口コミ